4~6月期間限定クルーズ。世界遺産の海はまさに秘境!

 

 <オリジナルプラン>

※翌営業日までにご返信させて頂きます。お問い合わせ後、返信がない場合はお手数ですが再度、ご連絡下さい。

 

トゥバタハリーフって?

フィリピン最西端に位置するパラワン島(州都:プエルトプリンセサ)から南東約180キロに位置する。(マップへ
スル海のちょうど中心にあるトゥバタハリーフは「世界遺産の海」として1993年に登録された。この保護された広大な海域に数千を超えるサンゴや数百種類以上の魚、希少なウミガメなどが生息し、生物の豊かさは世界でも有数。
トゥバタハリーフにはクルーズ船でしか潜りに行けないこと、海況が安定する4~6月の期間限定ということもあり世界中のダイバーから憧れの海となっている!!

ダイビングスタイル

1ダイブ毎に本船に戻るスタイル。潮の流れに乗って泳ぐドリフトが主流。ダイビングポイントへの移動は約5分、器材装着後、バックロールエントリー。ダイビングレベルに合わせたチーム分けをし、同レベルのダイバーと潜ることでストレスなく楽しめる。各自セーフティーグッズは携帯しよう。(使い慣れたダイブコンピューター・シグナルフロートは必携。)また、船内にはレンタル器材もあるが、器材持参の場合は切れる可能性のあるマスク・フィンストラップなどの予備があると万全。

シーズナリティー

4月中旬頃~6月上旬頃までの期間限定クルーズ。
水温は28度~30度と高く、日焼け防止にインナーが役立つ。風がやむと水面は鏡のように静かで神秘的。

見どころ

数あるフィリピンのダイビングエリアの中でもトゥバタハリーフのサンゴ礁には何万もの華やかな魚群が広がり。数千匹ものギンガメアジやバラクーダの群れ、サメが多いスポットからマンタを高確率で狙えるポイントまで様々。ときにはジンベイも!?
オプショナルで開催している乗船前のジンベイスイムもお勧め。ダイビング以外でも日の出や夕日、満点の星空など、秘境と呼ぶにふさわしい景観が楽しめる!

モデルコース

トゥバタハリーフクルーズ8日間(例)

 ※土曜日出発(4月中旬頃~6月上旬頃まで)

日程旅程食事
1日目

午前:名古屋・東京・大阪

(マニラ乗り継ぎ)

夜:プエルトプリンセサ着
着後、クルーズ船へご案内
(クルーズ乗船中のご案内)

【クルーズ船泊】

2日目

アンダークラウンドリバーツアーをお楽しみ下さい。
(海況不良等により催行できない場合は島内観光となります)
終了後、クルーズ船へ
夜:トゥバタハリーフへ向け出港

【クルーズ船泊】

3日目

午前2ダイブ・午後2ダイブ

【クルーズ船泊】

4日目

午前2ダイブ・午後2ダイブ

【クルーズ船泊】

5日目

午前2ダイブ・午後2ダイブ

【クルーズ船泊】

6日目

午前2ダイブ・午後2ダイブ

【クルーズ船泊】

7日目

午前1~2ダイブ
午後:プエルトプリンセサへ向け移動
深夜:着後、下船まで待機

【クルーズ船泊】

8日目 朝:下船、空港へご案内
午前:プエルトプリンセサ

(マニラ乗り継ぎ)

夜:名古屋・東京・大阪着

旅行条件
航空会社 フィリピン航空
添乗 なし(現地係員がご案内します)
食事 クルーズ船乗船中全食事付(朝6回・昼食6回・夕食7回)
送迎 混載
クルーズ船 パラオスポート号
最小催行人数 9名
その他 空港使用料、航空保険料及び燃油サーチャージが別途必要となります。
※現地にてフィリピンの空港使用料が必要となります。
※現地にて海洋公園使用料、船舶燃油差額が必要となります。
※トゥバタハリーフクルーズダイビングにはダイブコンピューターが必須器材です。
※上記日程はフライト・天候・交通事情により変更となる場合がございます。
【特典】:重器材レンタル無料、乗船中マンゴー&バナナ食べ放題!!

クルーズ情報

パラオスポート号

ダイバーが選ぶダイブトラベル大賞クルーズ部門15年連続1位を受賞。
2012年7月に全館リニューアルし、居住性を重視した洋上ホテル型クルーズ船。
ベストシーズンのパラオをメインにトゥバタハリーフ・セブと人気エリアを洩れなく網羅。
船室には各部屋にシャワーとトイレを完備。食事は和洋中・フィリピン料理のビュッフェスタイル。
シェフ手作りスイーツも楽しみの1つ。

旅のお役立ちサイト

フィリピン政府観光局

フィリピンの基本情報や島々が紹介されている。

フィリピン政府観光局(英語)

フィリピン政府観光局の公式サイト

フィリピン(プエルトプリンセサ)の天気

フィリピン周辺の天気など気象情報を確認できる。

  • 沖縄ダイビングツアー
  • ゴルフツアー
  • CHUBB 海外旅行保険 契約はこちら