ケラマの中でも最もダイビングサービスが多く、ダイバーや観光客が集まるにぎやかな島

※写真はイメージです。

カヌー ケラマ諸島、海の中

 

★ご予約はご出発の10日前まで

こんなところ

ケラマの中で最もにぎやかな座間味集落。とくに「座間味銀座」と呼ばれるメインストリートは居酒屋やレストランが多く、夕方から夜にかけてダイバーたちでにぎわう。

航空会社

おすすめダイビングショップ

ダイビングスタイル

<座間味ステイ>
座間味島、渡嘉敷島、阿嘉島などケラマ諸島の島に滞在して潜るスタイル。何といってもポイントまで近いことと、那覇ステイでは味わえないのんびりした島時 間を感じられるのが魅力。ポイントまでボートで10分~40分と近く、1ダイブずつ港へ戻ってくるスタイルなので船に弱い人でも安心。昼食は港に戻って宿 やレストランなどで取るが、夏場ならビーチでお弁当を広げることもできる。ボートは和船タイプの小型船が多く、ポイントによってアンカリングする場合とド リフトスタイルと両方行う。宿は民宿タイプがほとんどで、2食付のことが多い。夕食を取ったあとショップでお酒を飲みながらログづけをするスタイルが一般的。

シーズナリティー

4月くらいから気温はかなり上がり暖かくなるが、水温が上がり始めるのは5月頃から。5月~10月頃が暖かく海況も安定するベストシーズン。スーツは5ミ リが基本で、水温が上がる7~9月は3ミリでもOK。12月~4月は21度くらいまで水温が下がるので、5ミリツーピース+フードベストなどがあるとよ い。沖縄の梅雨入りは本州よりも早く、GW明け頃。6月末頃に梅雨明けする。7月~9月は本格的な夏となるが台風シーズンでもあるので、ハラハラさせられ る季節。ただ、最近は11月に台風が来るケースもあるので運次第といったところ。日頃の行いを良くしておこう。

見どころ

男岩

ダイナミックなドリフトダイブが楽しめる男岩(うがん) サンゴ礁の穏やかなポイントが多いケラマだが、ここは外洋にあるダイナミックなドリフトダ イビングが楽しめるポイント。海面から突き出した巨大な岩で、海 底までドロップオフが続いている。イソマグロやツムブリなどの回遊魚。ドロップオフの壁にはハナヒゲウツボが住み着いていて、名物になっている。

ブツブツサンゴでいかにもケラマな景色を楽しむ

コモンシロサンゴやユビエダハマサンゴの群生が見事なスポット。サンゴにはキンギョハナダイやハナゴイなどのカラフルな魚たちが群れ、いかにもケラマらしい水中景観が楽しめる。

その他お勧め情報 

古座間味ビーチ

座間味島一人気のある古座間味のビーチ。夏場には大勢の観光客が訪れ、ビーチにはカラフルなビーチパラソルが並びリゾート地沖縄の雰囲気を十分に楽しむことが出来ます。 砂浜自体は南北に大きく広がっていますが遊泳が出来るのはビーチ入り口を中心に南側の部分のみ。しかし、そこには見応えたっぷりのサンゴ礁が広がっているのでカラフルな熱帯魚にもたくさん出会えるはずです。 ビーチ南側にある岩場を越えるとその向こう側にも静かな砂浜が広がっており、少し目の粗いその砂浜ではかわいい貝殻集めに熱中する観光客をよく見かけます。

高月山展望台

座間味島一の人気を誇る展望台。それもそのはず、ここから眺める古座間味のビーチは絶景です。白い砂浜とコバルトブルーの海、無人島「安室島」へと続く砂浜の岬などいくら眺めていても飽きない美しさです。 この高月山展望台には第1展望台と第2展望台がありますが、座間味集落を眺められるのが第1、古座間味のビーチは第2展望台から見ることができます。もちろんオススメは第2展望台。

平和の塔

ケラマ諸島は太平洋戦争時の沖縄戦において、米軍が沖縄侵攻への足がかりとして最初に攻撃、上陸を開始した島でもあります。そのため島内では激しい戦闘が行われ、島民の集団自決という悲しい歴史も背負っています。 座間味島にはその時に亡くなられた島民や兵隊1220名をこの平和の塔に祭っています。沖縄本島にある「平和の碑」と同じように全ての戦没者の名前が碑に刻まれています。

旅のお役立ちサイト

美ら島物語
那覇~離島間を運行する日本トランスオーシャン航空が運営するサイト。沖縄の各島々ごとに観光地、レストラン、宿などの紹介が充実。


那覇ナビ
那覇市観光協会が運営するサイト。エリアごとの観光マップがPDFファイルでダウンロードできる。沖縄料理屋などのレストラン情報、バー、民謡ライブハウスなどのナイトスポット、などの紹介が充実している。


座間味村役場
クイーンざまみ、フェリーざまみの運行状況、空席状況が見られる。宿泊先のリンク、大ビングポイントマップなども充実

沖縄本島の天気予報 沖縄の天気をチェック

台風情報(気象庁)

  • AIG 海外旅行保険