全長4kmのホワイトサンドビーチが広がる隠れ家リゾート

モデルコース料金表

ホワイトサンドビーチ
 
 
<オリジナルプラン>
 

※お客様のご希望・ご要望に沿ったプランにてのお見積もりも可能です。
※翌営業日までにご返信させて頂きます。お問い合わせ後、返信がない場合はお手数ですが再度、ご連絡下さい。

(このページの写真提供:アイランドスタッフ)

ボラカイって?

マニラとセブのちょうど間くらいに位置する瑚礁に囲まれた全長7Kmの美しい小島。古くからヨーロピアンの隠れ家リゾートだったが、近年日本でも注目されてきた。島の西側には全長4キロに渡ってホワイトサンドビーチが広がり、リゾートホテルやレストラン、みやげもの屋などが立ち並ぶ。もともとがヨーロッパ 系のリゾートの為か、レストランはとても国際色豊かでどれもおいしい。治安も良く、夜に出歩いても大丈夫。アフターダイブをレストランやバーで過ごしたい人、きれいなビーチでひたすらボーッとしたい人にお勧め。

ダイビングスタイル

基本的にボートダイビング。ポイントまで10分~30分と近く、1ダイブごとにショップへ戻ってくるスタイルなので船に弱くても安心。午前2ダイブ、昼食 を挟んで午後1ダイブのスタイルが多い。ポイントはダイナミックなドロップオフや沈船などバリエーション豊富。ハゼやウミウシなどのマクロ系が充実しており、ウミウシだけで100種以上見られるとか。

シーズナリティー

 7月~10月の雨季、11月~6月の乾季に分かれている。雨季には南西の季節風が吹くため島の東側をメインに潜り、北東の季節風が吹く乾季には島の西側をメインに潜る。風向きによって潜るポイントが変わるが、どちらかといえば乾季の方がベストシーズンといえる。

見どころ

充実のマクロ生物ウォッチング

ニチリンダテハゼ ジョーフィッシュ

ボートでわずか10分程度で行ける近場のポイントにはマクロ系生物が充実しており、ゆっくりフィッシュウォッチングができる。ハゼ・エビ・ウミウシなど種類が豊富で、マニアにはたまらない。ジョーフィッシュやニチリンダテハゼなどの人気者からマニアにしか良さが分からない(?)レアな生物まで種類豊富でカメラの被写体には事欠かない。

ヤパックで大物狙い


ボラカイで一番の大物ポイント。大物や群れ狙いならまずこのポイントへ。特に水温が下がる12月~3月は群れが大きくなる。潮の流れがあるので基本的にドリフトダイブとなるため、中世浮力がきちんと取れる中級者以上向け。

モデルコース

ボラカイファンダイビング4日間

 

日程旅程食事
1日目

東京・名古屋・大阪・福岡→マニラ

国内線に乗り継ぎ、カリボへ

着後、送迎車+バンカーボートでボラカイへ(約2時間)

【ボラカイ泊】

2日目

3ボートダイビング

 

【ボラカイ泊】

3日目

2ボートダイビング

 

【ボラカイ泊】

4日目

バンカーボート&送迎車でカリボ空港へ

国内線でマニラへ

国際線へ乗り継ぎ、東京・名古屋・大阪・福岡へ

旅行条件
航空会社 フィリピン航空
添乗 なし(現地係員がご案内します)
食事

朝食3回

送迎 混載
ホテル サーフサイド、ボラカイトロピックス、ボラカイリージェンシー他
ダイビングサービス アイランドスタッフ
その他 ・旅行代金とは別に空港使用料、航空保安料、燃油サーチャージが別途必要です。
・ 出国時にフィリピンの空港使用料が必要です。
旅行条件
レンタル器材2日間無料(要弊社お申込み)

その他お勧め情報

食事が充実しているのもボラカイの魅力。ホワイトサンドビーチ沿いにはたくさんのレストランが立ち並ぶ。もともとがヨーロッパ系のリゾートの為か、レスト ランはとても国際色豊か。イタリアン、フレンチ、韓国料理、タイ料理、インド料理、和食など様々な料理が格安の料金で楽しめる。南国フィリピンならではの とれたてマンゴーもぜひ味わってみよう。
また、アフターダイブにエステやマッサージもお勧め。いずれもリーズナブルな料金なので男性も一度試してみては?ショップスタッフにお勧めのお店を教えてくれる。

おすすめダイビングショップ

旅のお役立ちサイト

フィリピン政府観光省

フィリピンの基本情報やセブ、ボホール、ボラカイ、エルニドなどの島々が紹介されている。

フィリピン政府観光省(英語)

フィリピン政府観光局の公式サイト

日本ASEANセンターの観光情報

ASEAN加盟国の観光情報が紹介されている。各観光地をスライドショーで見られる。

 

  • 沖縄ダイビングツアー
  • ゴルフツアー
  • CHUBB 海外旅行保険 契約はこちら