フィリプン人気NO.1のポイント「バリカサグ島」へ最短のアクセス!

モデルコース料金表

料金表を閲覧される場合はパスワードが必要となります。

閲覧ご希望の場合はお問い合わせフォームよりお問い合わせ下さい。

ご記入頂いたメールアドレスへパスワードをお送り致します。

バリカサグ島 メガネザル
 
 
<オリジナルプラン>
 

※お客様のご希望・ご要望に沿ったプランにてのお見積もりも可能です。
※翌営業日までにご返信させて頂きます。お問い合わせ後、返信がない場合はお手数ですが再度、ご連絡下さい。

(このページの写真提供:グッドダイブ)

ボホールって?

ボホール地図セブ島から東に位置する島。フィリピンでダイビングするならボホール島と言っても過言ではない有名なダイビングポイント、バリカサグ島にも簡単に行けてしまう為人気の1つである。ダイビング以外にも円錐形の小丘群が広がるチョコレート・ヒル、世界最小レベルのメガネザル「ターシャ」等で有名な島でもある。かつてスペインにより統治されているためその歴史的名残にも触れることができる。ダイビングをのんびり過ごしたい方、アフターものんびり過ごしたい方必見!

 

ダイビングスタイル

1日2本のボートダイビングが基本で3ダイブ目もオプションでできる。器材の移動からセッティングに始まりエントリー時の器材の装着、エキジット時に器材をボート上げるところまでスタッフがしてくれ、終わった後は器材まで洗ってくれる完全殿様姫様ダイビング。重い器材を背負うストレスもない。ただし、器材の最終チェックは安全の為、自分で確認しよう。

シーズナリティー

水温は1年中25度~30度と高く3mmのウェットで充分であるが、11月~2月頃の冬の季節は気温は30度近くまで上がりますがボートで雨に降られると寒い事もありウィンドパーカー等を用意する方が好ましい。ベストシーズンは春先3月~6月頃とされているがボホール等のビサヤ地区では台風の直撃は滅多に無いので、ダイビングができない事はほとんどなく、1年を通して楽しめるポイントと言える。

見どころ

とにかく大きな魚が見てみたい

ボホール島周辺にはバリカサグ島、カビラオ島などがあり大物回遊魚が多く見られギンガメアジ、バラクーダ、メジロザメ、ハンマー、ロウニンアジなどの大群を見た時の迫力はたっぷり。バリカサグ島へは30分~60分程度で行けるので時間に余裕がある。流れのある上級者向けではあるが、潮の流れによってはビギナーでも潜ることができる。

地形派、マクロ派

バリカサグ島、カビラオ島の他、パングラオ島周辺には地形やマクロにもってこいのポイントがありカメラの被写体には事を欠かない。島からも近く、流れもほとんど無い比較的穏やかなポイントであるため、ビギナーでも安心して潜れ、バリカサグとは一味違ったダイビングを楽しむことができる。

モデルコース

ボホール島 ファンダイビング4日間(4ボート付)

(成田発着又は関空発着):

(通年)行きセブ着/帰りボホール発パターン

※4日間は往復セブ着帰りパターンはご案内出来ません。

(名古屋発着は往復セブ着帰りパターンとなる為、5日間からとなります)

日程旅程食事
1日目

成田・関空→(直行又はマニラ乗り継ぎ)→セブ

着後、送迎車にてホテルへ

【セブ泊】

2日目

早朝:ホテルお迎え、港へご案内
高速船にてボホールへ
2ボートダイビングをお楽しみ下さい。(パングラオ島北側)

【ボホール泊】

3日目

2ボートダイビングをお楽しみ下さい。(パングラオ島北側)

【ボホール泊】

4日目

送迎車にて空港へ

ボホール→(マニラ乗り継ぎ)→成田・関空へ

着後、解散

旅行条件
航空会社 フィリピン航空
添乗 なし(現地係員がご案内します)
食事 朝食3回、昼食2回(ダイビング中)
送迎 混載
ホテル セブ:ベラビスタホテル
ボホール:ボホールトロピックスリゾート
ダイビングサービス グッドダイブ
その他 ・ 旅行代金とは別に空港使用料、航空保険料及び燃油サーチャージが必要です。
・ダイビング時、エントランスフィー・カメラ/ビデオフィーが現地で必要となります。
・ 現地でフィリピンの空港使用料が必要です。
☆特 典☆
アフターダイブ後、ドリンクサービスがあります。

 ボホール島 ファンダイビング5日間(6ボート付)

※往復セブ発着パターン

日程旅程食事
1日目

日本各地→(マニラ乗り継ぎ)→セブ

着後、送迎車にてホテルへ

【セブ泊】

2日目

早朝:ホテルお迎え港へご案内
高速船にてボホールへ
2ボートダイビングをお楽しみ下さい。(パングラオ島北側)

【ボホール泊】

3日目

2ボートダイビングをお楽しみ下さい。(パングラオ島北側)

【ボホール泊】

4日目

2ボートダイビングをお楽しみ下さい。(パングラオ島北側)

終了後、港へご案内 高速船にてセブへ

【セブ泊】

5日目

送迎車にて空港へ

セブ→(マニラ乗り継ぎ)→日本各地へ

着後、解散

旅行条件
航空会社 フィリピン航空
添乗 なし(現地係員がご案内します)
食事 朝食4回、昼食3回(ダイビング中)
送迎 混載
ホテル セブ:ベラビスタホテル
ボホール:ボホールトロピックスリゾート
ダイビングサービス グッドダイブ
その他 ・ 旅行代金とは別に空港使用料、航空保険料及び燃油サーチャージが必要です。
・ダイビング時、エントランスフィー・カメラ/ビデオフィーが現地で必要となります。
・ 現地でフィリピンの空港使用料が必要です。
☆特 典☆
アフターダイブ後、ドリンクサービスがあります。

ホテル情報

ボホールトロピックス

タグビララン空港から車で5分の位置にある、ボホール島随一の大型リゾートホテル。
施設も充実しており、サンセットを高台のカフェから眺められるのも魅力。
日本人ダイバーも多く滞在しているので安心。

おすすめダイビングショップ

旅のお役立ちサイト

フィリピン政府観光省

フィリピンの基本情報やセブ、ボホール、ボラカイ、エルニドなどの島々が紹介されている。

フィリピン政府観光省(英語)

フィリピン政府観光局の公式サイト

日本ASEANセンターの観光情報

ASEAN加盟国の観光情報が紹介されている。各観光地をスライドショーで見られる。

 

  • 沖縄ダイビングツアー
  • ゴルフツアー
  • CHUBB 海外旅行保険 契約はこちら