リーズナブルに楽しめる人気のアジアンリゾート。ダイビング+リゾートも満喫

モデルコース料金表

アジアバリダイビング1 アジアバリダイビング2

 

 

<オリジナルプラン>

※お客様のご希望・ご要望に沿ったプランにてのお見積もりも可能です。
※翌営業日までにご返信させて頂きます。お問い合わせ後、返信がない場合はお手数ですが再度、ご連絡下さい。

(写真提供:DIVELITE)

バリ島のダイビングって?

洗練された国際的なリゾートが立ち並ぶバリ島。エステやお買い物がリーズナブルに楽しめるので女性に人気のアジアンリゾートといったイメージが強いが、実はダイバーにとっても魅力的な島。泊まるエリアによって3つのダイビングスタイルに分かれる。
(1)クタやサヌールなどのリゾートエリアをベースに早朝に車で移動してバリ島各地を潜るスタイル、
(2)各ダイビングエリア近くに滞在して潜る滞在型、(3)ダイビングエリアを移動しながら潜るダイビングサファリの3種類がある。(1)の場合はダイビングスポットが集まる島の東北部まで毎日車で2~3時間移動する必要があるので、ダイビングが目的の場合はあまりお勧めできない。 (3)のダイブサファリは旅行期間が1週間以上取れるなど、日程に余裕がある場合に限られる。通常のダイビング旅行にお勧めなのは(2)の現地滞在型。潜りたいエリアの近くに滞在するのでゆっくりダイビングに集中できる。 島東部のチャンディダサ、東北部のトランベン、北西部のムンジャガンが3大ダイビングエリアだ。お勧めは比較的空港からの移動距離が短く、人気のトランベンとヌサ・ペニダ両方を攻められるチャンディダサステイかヌサペニダ狙いのサヌールステイ。

 チャンディダサって?

空港から車で約1時間15分ほど移動した、バリ島東部にある素朴で静かなリゾート地。クタの喧燥を嫌うヨーロピアンの長期滞在者が多い。メインストリートが200m程の小さな町だが、ホテル、レストラン、みやげ物屋、両替所など必要なものはすべて揃っている。物価もクタに比べて安い。また、ダイバーにとっても素晴らしい立地。目の前のビーチはすぐダイビングポイントで、沖合いにはマンボウで有名なテペコン島、大物狙いのヌサペニダ島など魅力的なスポットがた くさん。また、人気のトランベンへは陸路で1時間ほどで行ける。

ダイビングスタイル

ビーチダイブとボートダイブとポイントにより両方のパターンがある。チャンディダサエリアのポイントなら目の前のビーチからビーチエントリー又はボートに 乗船する。トランベンなど少し離れたポイントまでは車で移動してからビーチエントリー又はボートへ乗船というパターンになる。遠いポイントでも所用時間は 1時間ほど。午前1ダイブ、昼食を挟んで午後1ダイブ潜る。希望者はもう1ダイブ追加(3本目)も可能。昼食はショップ又は近くのレストランでナシゴレン (インドネシア風チャーハン)やミーゴレン(インドネシア風やきそば)などバリらしいものが出される。

シーズナリティー

4月~11月の乾季と、12月~3月の雨季に分かれる。乾季の方が透明度は高いが、雨季の方が海況は安定する。また、台風の影響はほとんど受けない。プラ ンクトンが豊富な海のおかげで魚影は濃く、それほど季節を気にせず年間を通して楽しめる。気温は26度~32度くらいと一定しており、水温はポイントにも よるが乾季で24度~27度、雨季で26度~29度くらい。テペコンやミンパン岩礁で見られるマンボウは6月~9月頃がシーズンといわれており、特に大潮の日に確率が高い。

見どころ

 トランベンで沈船&ギンガメアジの群れを見る

初心者から潜れるビーチエントリーポイント。チャンディダサから車で約1時間。ビーチからわずか15メートルの沖合にリバティ号という船が沈んでいて、たくさんの魚達が住み着いている。ギンガメアジの大群が見られることで有名。ビーチエントリーで気軽にギンガメアジやバラクーダ、ロウニンアジなどの大物が 見られるポイントはなかなか無い。
(写真提供:DIVELITE)

ヌサ・ペニダで大物狙い!

チャンディダサの沖、ボートで30分くらいのところにある島。
潮通しが良く、透明度ではバリ随一のエリア。潮の流れに乗ってイソマグロやロウニンアジなどの大型の魚が回遊している。6~10月のシーズンにはマンボウに遭遇できることも。
基本的にドリフトダイビングで、流れが強いことがあるので中世浮力が取れる中級者以上向け。

パタンバイでフィッシュウォッチング

ゴロタ石や黒っぽい砂地が多いバリのポイントだが、ここは白砂にサンゴ礁が美しい明るい雰囲気の癒し系ポイント。フィッシュウォッチングに最適でカメラ派にもお勧め。
(写真提供:DIVELITE)

モデルコース

 バリ島ダイビングツアー5日間(チャンディダサステイ)

※現在、名古屋発着は直行便が運航しておりません。(シンガポール又はソウル乗り継ぎとなります)

日程旅程食事
1日目

午前:東京・名古屋・大阪→デンパサール ※名古屋発はシンガポール又はソウル乗り継ぎ

夕刻:デンパサール着。着後、送迎車でホテルへ(約1時間半)

【チャンディ・ダサ泊】

2日目

2ダイビングをお楽しみ下さい

ポイント・・・トランベン、アメッド、パタンバイなど

 ※追加料金にてヌサペニダやテペコン島へ変更できます。

【チャンディ・ダサ泊】

3日目

2ダイビングをお楽しみ下さい

ポイント・・・トランベン、アメッド、パタンバイなど

※追加料金にてヌサペニダやテペコン島へ変更できます。

【チャンディ・ダサ泊】

4日目

出発までフリー
(お部屋は12時までご利用いただけます)

※追加料金にてレイトチェックアウトもできます
※出発までウブドやクタで観光やショッピングもできます。

夜、送迎車で空港へ 深夜:デンパサール→東京・名古屋・大阪
※名古屋発はシンガポール又はソウル乗り継ぎ

【機内泊】

5日目 午前:日本各地着

旅行条件
航空会社 ガルーダインドネシア航空(名古屋発着はシンガポール航空又は大韓航空)
添乗 なし(現地係員がご案内します)
食事 朝食3回、昼食2回
送迎 混載
ホテル チェンディビーチコテージ・プリバグースチャンディダサ他
ダイビングサービス DIVELITE
その他 ・2名様より催行となります。(1名様単独参加の場合はお問い合わせ下さい)
・旅行代金とは別に空港使用料、航空会社が定める燃油特別付加運賃が必要です。
・入国時のインドネシア観光ビザ代は2015年6月12日以降免除となりました。
・出国時のデンパサール空港使用料は航空券に切り込み(事前払い)となりました。

 バリ島ダイビングツアー5日間(サヌールステイ)

※現在、名古屋発着は直行便が運航しておりません。(シンガポール又はソウル乗り継ぎとなります)

日程旅程食事
1日目

午前:東京・名古屋・大阪→デンパサール ※名古屋発はシンガポール又はソウル乗り継ぎ

夕刻:デンパサール着。着後、送迎車でホテルへ(約30分)

【サヌール泊】

2日目

3ダイビング(ヌサペニダエリア)をお楽しみ下さい

 

【サヌール泊】

3日目

3ダイビング(ヌサペニダエリア)をお楽しみ下さい

 

【サヌール泊】

4日目

出発までフリー
(お部屋は12時までご利用いただけます)

※追加料金にてレイトチェックアウトもできます
※出発までウブドやクタで観光やショッピングもできます。

夜、送迎車で空港へ 深夜:デンパサール→東京・名古屋・大阪
 ※名古屋発はシンガポール又はソウル乗り継ぎ

【機内泊】

5日目 午前:日本各地着

旅行条件
航空会社 ガルーダインドネシア航空(名古屋発着はシンガポール航空又は大韓航空)
添乗 なし(現地係員がご案内します)
食事 朝食3回、昼食2回
送迎 混載
ホテル スワスティカバンガロー他
ダイビングサービス スランガンマリンサービス
その他 ・旅行代金とは別に空港使用料、航空会社が定める燃油特別付加運賃が必要です。
・入国時のインドネシア観光ビザ代は2015年6月12日以降免除となりました。 
・出国時のデンパサール空港使用料は航空券に切り込み(事前払い)となりました。

 バリ島ダイビングツアー5日間(ムンジャガンステイ)

※現在、名古屋発着は直行便が運航しておりません。(シンガポール又はソウル乗り継ぎとなります)

日程旅程食事
1日目

午前:東京・名古屋・大阪→デンパサール ※名古屋発はシンガポール又はソウル乗り継ぎ

夕刻:デンパサール着。着後、送迎車でホテルへ(約3時間)

【ムンジャガン泊】

2日目

終日:2ダイビング

 

【ムンジャガン泊】

3日目

終日:2ダイビング

 

【ムンジャガン泊】

4日目

出発までフリー
(お部屋は12時までご利用いただけます)

※追加料金にてレイトチェックアウトもできます
※出発までウブドやクタで観光やショッピングもできます。

夜、送迎車で空港へ
深夜:デンパサール→東京・名古屋・大阪
※名古屋発はシンガポール又はソウル乗り継ぎ

【機内泊】

5日目 午前:日本各地着

旅行条件
航空会社 ガルーダインドネシア航空(名古屋発着はシンガポール航空又は大韓航空)
添乗 なし(現地係員がご案内します)
食事 朝食3回、昼食2回
送迎 混載
ホテル ミンピリゾートムンジャガン
ダイビングサービス ミンピリゾート
その他 ・旅行代金とは別に空港使用料、航空会社が定める燃油特別付加運賃が必要です。
・入国時のインドネシア観光ビザ代は2015年6月12日以降免除となりました。 
・出国時のデンパサール空港使用料は航空券に切り込み(事前払い)となりました。

おすすめダイビングショップ

ホテル情報

チャンディビーチコテージ

プライベートビーチ付きのんびりできるリゾート。テニスコートやスポーツジムなどの施設もあり、ダイビング以外にも楽しめる。海に向かったプールは開放感 たっぷり。お部屋はビルディングタイプとコテージタイプがあり、豪華ではないがバリらしい雰囲気。

 ミンピリゾートムンジャンガン

ミンピリゾートムンジャンガンは温泉の湧くリゾートとして有名。客室のコートヤードヴィラは全室オープンエアーのプライベートバスタブが付き、パティオルームにも屋外の共同温泉が24時間使用できる。リゾート内にはスパもあり、アフターに温泉・エステを堪能できる。

旅のお役立ちサイト

インドネシア政府観光局
政府観光局の公式サイト(英語)


バリ島の天気

現在の気象状況などがチェックできる。

  • 沖縄ダイビングツアー
  • ゴルフツアー
  • CHUBB 海外旅行保険 契約はこちら