遠征ダイブも盛んな沖縄最大のダイビングのメッカ!

ダイバー

ケラマ諸島、海の中

 

こんなところ

年間観光客数が500万人を超える日本屈指の観光地、中でも沖縄本島は県最大の島で、その玄関でもある那覇をはじめ、西海岸に並ぶ市町村にダイビングサービスが集まる日本最大のダイビングメッカでもある。 ビーチダイブやボートダイブも盛んに行なわれていて、天候や海況、好みに応じて様々なダイビングが楽しめるのが魅力だ。

ダイビングスタイル

那覇市内のホテルに滞在してケラマまで日帰りで潜りに行くスタイル。ケラマ諸島まで移動する時間のロスが少ないので午前中に到着すれば午後から2ダイブで きることと、ツアー代金が安いのが魅力。ケラマまではダイビングサービスのボートで約1時間。泊港を朝出発し、午前1ダイブ、午後1ダイブして那覇に戻っ てくるのは4時ごろ。希望者は3ダイブも可能。昼食は穏やかなところに停泊したボート上でとる。キャビン、トイレ、シャワーなどの設備が充実したダイビン グ専用ボートが多いので移動も快適。アフターダイブは国際通り等でショッピングや食事などが楽しめる。

シーズナリティー

4月くらいから気温はかなり上がり暖かくなるが、水温が上がり始めるのは5月頃から。5月~10月頃が暖かく海況も安定するベストシーズン。スーツは5ミ リが基本で、水温が上がる7~9月は3ミリでもOK。12月~4月は21度くらいまで水温が下がるので、5ミリツーピース+フードベストなどがあるとよ い。沖縄の梅雨入りは本州よりも早く、GW明け頃。6月末頃に梅雨明けする。7月~9月は本格的な夏となるが台風シーズンでもあるので、ハラハラさせられ る季節。ただ、最近は11月に台風が来るケースもあるので運次第といったところ。日頃の行いを良くしておこう。

見どころ

ダイナミックなドリフトダイブが楽しめる男岩(うがん)

ダイナミックなドリフトダイブが楽しめる男岩(うがん) サンゴ礁の穏やかなポイントが多いケラマだが、ここは外洋にあるダイナミックなドリフトダ イビングが楽しめるポイント。海面から突き出した巨大な岩で、海 底までドロップオフが続いている。イソマグロやツムブリなどの回遊魚。ドロップオフの壁にはハナヒゲウツボが住み着いていて、名物になっている。

ブツブツサンゴでいかにもケラマな景色を楽しむ

コモンシロサンゴやユビエダハマサンゴの群生が見事なスポット。サンゴにはキンギョハナダイやハナゴイなどのカラフルな魚たちが群れ、いかにもケラマらしい水中景観が楽しめる。

チービシでビギナーもブランクダイバーも一緒に楽しむ

那覇とケラマのちょうど間くらいにある、神山島・ナガンヌ島・クエフ島という3つの環礁の総称で、ケラマ諸島に属する。那覇から約30分で行けるので半日 で2ボートダイブも可能。透明度も良く、浅瀬にはテーブルサンゴ・枝サンゴの群生が広がり、トロピカルフィッシュが群れている。初心者でも充分に楽しむこ とができるエリア。

モデルコース

那覇ステイ・ファンダイビング4日間

 

日程旅程食事
1日目

日本各地→(空路)→那覇

着後、ご自身でホテルへ

【那覇泊】

2日目

2ボートダイビングをお楽しみ下さい

※ケラマ方面予定

【那覇泊】

3日目

2ボートダイビングをお楽しみ下さい

※ケラマ方面予定

【那覇泊】

4日目

ご自身で空港へ

那覇→(空路)→日本各地 着後、解散

旅行条件
航空会社 日本航空・日本トランスオーシャン航空
添乗 なし
食事 朝食3回
利用ホテル 那覇市内スタンダードクラスホテル
ダイビングサービス お問い合わせ下さい

おすすめダイビングショップ

その他お勧め情報

1429年の王朝成立~1879年の首里城あけ渡しによる王朝崩壊までの約450年間、琉球王国の政治、経済、文化の中心だった首里城跡地に造られた国営公園。那覇市街を一望する標高120~130mの丘陵に位置し、沖縄戦で破壊された正殿をはじめ、南殿や北殿などの建物や城門、城壁が復元され、緑豊な都市公園として整備されている。城内の右掖門横には、復元以前からの古い石積みが見られ、こうした首里城の遺構郡(首里城跡)は2000年12月に世界遺産に登録されている。公園の入口にある首里杜館は、総合案内所や駐車場、レストラン、休憩所などがあり、園内散策の起点となっている。

国際通りは那覇の市街地にあってひときわ目立つ県庁舎の向かいから、一直線に北西に伸びる約1.6kmの道が那覇のメインストリート。県庁舎の道向かいにある「パレットくもじ」を始めとした大型商業施設や飲食店、土産屋など中小の小売店がこの通りを中心に集中している。沖縄銀行本店の裏手一帯はおしゃれな飲食店が多数ならび地元の人々の人気も高い場所。定番の郷土料理から流行りの料理まで、幅広いジャンルの店があり、手ごろな値段で楽しむことができるので観光客にもお勧め。国際通りの中ほど、牧志交差点の周辺からは、古くからの市場街へ抜ける道が枝別れしていて、市場本通り・むつみ橋通り・平和通りのそれぞれの道に続く商店街は沖縄独特の雰囲気が漂い観光客にとっては興味深い。また、最近では国際通りから枝別れする、浮島通りやパラダイス通りといった通りに若者達で賑わうブティックやカフェが目立つようになり、新しい人気スポットになっている。

旅のお役立ちサイト

美ら島物語
那覇~離島間を運行する日本トランスオーシャン航空が運営するサイト。沖縄の各島々ごとに観光地、レストラン、宿などの紹介が充実。


那覇ナビ
那覇市観光協会が運営するサイト。エリアごとの観光マップがPDFファイルでダウンロードできる。 沖縄料理屋などのレストラン情報、バー、民謡ライブハウスなどのナイトスポット、などの紹介が充実している。

座間味村役場
クイーンざまみ、フェリーざまみの運行状況、空席状況が見られる。宿泊先のリンク、大ビングポイントマップなども充実。

沖縄本島の週間天気予報

台風情報(気象庁)

  • 沖縄ダイビングツアー
  • ゴルフツアー
  • AIG 海外旅行保険